明治九谷の作品解説 阿部碧海 松雲堂 色絵金彩鳳凰文皿

この作品は、阿部碧海が主宰した絵付工房(後述)が、多くの名工を抱えながらも、後に名工と呼ばれた松本 佐平(松雲堂)に絵付けを依頼して制作されました。おそらく、デミタスカップのソーサーと思われますが、とてもデザイン的にも、小皿の表には合計6対の鳳と凰を明るい五彩と金を使い、また裏にも五彩と金で文様を描くなど、明治10年代初め(年代推定は後述)にあって目新しいデザインの作品です。

サイズ;幅約11cm 高さ約1.6cm

表面には、黄の地に、対面する鳳と凰が緑、青、紫で一対ずつ、さらに金で三対が描かれています。そして、鳳と凰の間には赤と金の文様が挟まれ、全体として伝統的な九谷五彩のイメージの色絵ですが、金によっても彩るといった明治九谷らしい色合いとなっています。また、カップを上げたとき、見込みのところに羽を広げた蝶が現われるのも面白い趣向です。

小品にもかかわらず、裏面にはとても手の込んだ装飾が施されています。口縁に沿って緑、紫、黄、青を使って帯状の文様が1センチ幅に描かれ、高台の周りには2本の赤い圏線が珍しく巡らせています。繋がった凹凸文も金で描かれています。やはり、表と同じく、五彩と金で彩られています。

銘は「九谷阿部製/松雲堂画」と書き入れてあります。松本 佐平が明治11年(1878)に金沢の画家 徳田 寛所より「松雲」の号を拝領して以来、屋号として「松雲堂」と使っていて、一方の阿部 碧海窯が明治13年(1880)に閉じていることから、窯元の阿部 碧海が明治11年から13年の間に松本 佐平にこの絵付けを依頼したと思われます。